読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【終了w】トランプ政権「北朝鮮には経済制裁を。対話の道に戻す」

米政権、北朝鮮政策で声明発表
上下両議員と異例の大規模会議
2017/4/27 09:56

 【ワシントン共同】トランプ米政権は26日、核・ミサイル開発を進める北朝鮮に対処する政策について声明を発表した。
核放棄を迫るため、北朝鮮への経済制裁を強化して外交圧力を加えることを軸にしながら、対話を模索するとの基本方針を明らかにした。上下両院の全議員を対象に北朝鮮政策を説明する異例の大規模会議を開き、北朝鮮核問題の深刻さを訴えた。

 声明は北朝鮮の核開発が「差し迫った安全保障上の脅威で、外交の最優先課題」だと指摘。朝鮮半島の安定と平和的な非核化を追求するとした上で、北朝鮮を対話の道に戻すため、国際社会と共に圧力をかけると強調した。

https://this.kiji.is/230084720427386362?c=39550187727945729

蓮舫、白々しく「東北」の良さをツイートwwwwwwww

東北の美しさ、素敵な伝統、人々の優しさ。東北を訪れる感動を「よかった」と繋ぐ力に感動です。


https://twitter.com/renho_sha/status/857210823801950209

アメリカ最大級の原子力潜水艦も韓国に到着 トマホークミサイル154発を搭載

北の新たな挑発警戒…米最大級原潜が釜山に入港
 北朝鮮朝鮮人民軍創建85周年を迎えた25日、米国や日本など周辺国は、北朝鮮による
6回目の核実験など新たな挑発行為を警戒している。
 ロイター通信などによると、米海軍最大級のオハイオ級原子力潜水艦「ミシガン」が25日に
韓国・釜山に入港した。トランプ米政権としては、朝鮮半島近海に向けて航行中の米原子力
空母「カール・ビンソン」に加え、原潜も派遣することで「平壌に強力なメッセージを送る」
(米CNNテレビ)狙いだ。
 韓国軍合同参謀本部のノ・ジェチョン広報室長は25日午前の定例記者会見で「現在まで
北朝鮮の)挑発と関連した特異な動向は確認されていない」と述べた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170425-00050038-yom-int

巡航ミサイル原潜ミシガンが釜山に入港
 巡航ミサイル原潜とはその名の通り巡航ミサイルを主兵装とする原潜で、ミシガンはオハイオ級
戦略原潜を改装して本来は弾道ミサイルを搭載していたスペースに代わりにトマホーク巡航ミサイル
を154発装備しています。配備数の多い攻撃原潜はトマホーク搭載数が12発なのに比べると、
巡航ミサイル原潜は凄まじい数を搭載しています。
https://news.yahoo.co.jp/byline/obiekt/20170425-00070277/

お前らは自分が困った時に手を貸してくれる本当の友人はいるの?

逮捕された知人を逃がすため車を捜査車両に衝突させるなどしたとして、
大阪府警捜査1課などは26日、公務執行妨害や器物損壊などの疑いで、
堺市中区平井、職業不詳、橋本祐也(31)と住所不定、無職、小柳仁(26)の両容疑者を逮捕した。
ともに容疑を否認している。

逮捕容疑は、共謀し、2月10日未明、大阪府高石市東羽衣の路上で、
覚せい剤取締法違反容疑で現行犯逮捕された知人の男(35)を奪還しようと、
橋本容疑者が近くの駐車場で盗んだ乗用車を府警高石署地域課の男性巡査(24)に向けて
急発進させたほか、捜査車両に衝突させたなどとしている。

捜査1課によると、男性巡査は車を避けてけがはなかった。盗難車を運転していたのは橋本容疑者で、
小柳容疑者は別の車に乗って現場近くにいたという。


覚醒剤で逮捕の知人逃そうと盗難車で捜査車両に衝突…大阪府警、容疑の男2人逮捕
2017.4.26 12:08更新
http://www.sankei.com/west/news/170426/wst1704260050-n1.html

兵庫県北部の香美町のハチ北高原で、雪が解けると咲きはじめるミズバショウが見頃を迎えています。 冬の間、スキーヤーでにぎわっていた香美町村岡区のハチ北高原では、ところどころに雪が残るなか、およそ1万5000株のミズバショウが見頃を迎えました。 花が集まって黄金色にも見える部分を、葉が変形してできた白い花びらのようなものが包み込み、雪解け水が流れこむ棚田でりんとした姿を見せています。 ミズバショウは高原の湿地などで群生しますが、ハチ北高原では、近くで旅館を営んでいる田辺鎮雄さん(85)が、25年前から、全国で

兵庫県北部の香美町のハチ北高原で、雪が解けると咲きはじめるミズバショウが見頃を迎えています。
冬の間、スキーヤーでにぎわっていた香美町村岡区のハチ北高原では、ところどころに雪が残るなか、およそ1万5000株のミズバショウが見頃を迎えました。
花が集まって黄金色にも見える部分を、葉が変形してできた白い花びらのようなものが包み込み、雪解け水が流れこむ棚田でりんとした姿を見せています。
ミズバショウは高原の湿地などで群生しますが、ハチ北高原では、近くで旅館を営んでいる田辺鎮雄さん(85)が、25年前から、全国でも珍しい人工栽培に取り組み、ミズバショウが咲く30アールの棚田は「みずばし
ょうの里」と呼ばれ、親しまれています。
田辺さんは、「ミズバショウを見た人の喜ぶ顔を見るのがうれしくて続けています。自然と人が共に生活することの大切さを感じてほしい」と話していました。
ミズバショウは、来月上旬まで見頃が続くということです。
http://www3.nhk.or.jp/lnews/kobe/2025820651.html

【画像】 しばき隊が壊れたっぽい 

https://twitter.com/necho_ii/status/857221854582394880

【アベノミクス】回復続く日本の景気、ついに「拡大」に リーマンショック以来9年ぶり

日銀、景気判断9年ぶり「拡大」 緩和策を維持

 日銀は27日、2日目となる金融政策決定会合で「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」をとりまとめた。
足元の景気は「緩やかな拡大に転じつつある」とし、「緩やかな回復基調」とした1月の前回よりも強い表現に変更した。
会合では、短期金利をマイナス0.1%、長期金利をゼロ%程度に誘導する金融緩和策(長短金利操作)を維持することも決めた。

 景気判断で「拡大」の表現を使うのは2008年3月以来で、9年ぶりとなる。
上方修正したのは、足元で世界経済が回復基調にあり、輸出を中心に企業の生産活動がより活発になっているためだ。
日銀によると、「拡大」という言葉は経済全体として需要が供給を上回る状態を示す。

 17年度の物価上昇率見通しは下方修正し、前回1月の1.5%から1.4%とした。
2月の消費者物価指数は前年同月比で0.2%の上昇と鈍いまま。
原油価格の持ち直しによる上昇が一服すればさらに伸びが鈍化する懸念があるため、17年度の見通しを下げた。

 ただ、物価上昇率目標2%程度を達成すると日銀が見込んでいる18年度は1.7%上昇と据え置き、19年度は1.9%とした。
「18年度ごろ」としている目標達成時期も変えなかった。

 経済成長率の見通しは17年度を1.5%から1.6%に、18年度を1.1%から1.3%にそれぞれ引き上げた。

 黒田東彦総裁は27日午後に記者会見し、決定内容の詳細を説明する。
金融政策の現状維持は9人いる政策委員の賛成多数で決めた。
世界経済の回復や原油価格の持ち直しで足元の物価上昇率はプラス圏に浮上しているが、個人消費が思うように改善しておらず先行きは不透明だ。
政策委員の多くは目標の2%を実現するには緩和策の維持が必要だと判断した。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS27H1H_X20C17A4MM0000/