かっこいい!「全部使ってあの世に」日本電産会長、億単位の寄付次々

大学の街・京都で、モーター大手・日本電産京都市南区)の創業者、永守重信会長(72)による寄付金の行方に注目が集まっている。
数十億円単位の私財を大学に次々と投じ、資金難にあえぐ大学を支援している。

「税金はどう使われるか分からんが、寄付なら使い道がはっきりする。全部使ってあの世に行くということや。教育が一番良い」

3月30日、京都学園大右京区)で開いた記者会見後、永守氏が報道陣に語った。2020年に工学部新設を目指す同大学を支援するため、
100億円以上を私財でまかなう構想を発表したのだ。

学部定員200人。半数ほどは留学生を想定する。大学院は100人。実践的な研究・開発力や英語力を備えた人材を育てる。
経営大学院設置も視野に入れる。来春には自身が大学の理事長に就任し、大学名も変えるという。永守氏は「大学を作るのが夢だった。
他国と比べて日本の大学は即戦力を出せていない。企業や社会が求める人材を育てる。金も口も出すよ」。

今月7日には日本電産が京都大(左京区)に次世代モーターを研究する寄付講座の開講を発表。永守氏は京大の山極寿一総長と握手を交わし、
今後5年間で2億1千万円を寄付すると約束した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170420-00000052-asahi-soci

京都学園大で開いた記者会見で教育への思いを語る永守重信氏=京都市右京区
https://amd.c.yimg.jp/amd/20170420-00000052-asahi-000-6-view.jpg

転落の始まりは10万円 銀行カードローンで狂った人生

 転落のきっかけは、ネット銀行に10万円の借り入れを申し込んだことだった。

 東京都内の元会社員の男性(57)は2013年秋、母親のがん治療費などですでに複数の消費者金融などから計100万円超の借金があった。返済がきつくなり、ネット銀のカードローンを頼った。ネットで申し込むと、審査は驚くほど簡単に通った。収入証明書も不要だった。

 融資枠はキャンペーンなどの誘い文句で増え、借入額は半年で200万円超に。他の銀行カードローンでも借り入れを重ねた。

 手取りは20万円余りだったが、毎月の返済額は十数万円を超え、行き詰まって今年1月、自己破産を申請した。「最初に借りたときはありがたいと思った。でも抜け出すのは難しかった。本当にバカでした」と男性は話す。

 債務整理にあたった森川清弁護士は「社会福祉協議会の資金貸付制度などを使えば、破産せずに済んだ可能性がある」と言う。公的支援を知る前に、街にあふれるカードローンの宣伝に触れ、「安易に借りて後戻りできなくなる人が増えている」とみる。

http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20170418005167_comm.jpg
「収入証明書不要」「即日融資」といった宣伝文句が並ぶ銀行カードローンのチラシ
http://www.asahi.com/articles/ASK4F7DKDK4FULFA02R.html?iref=sp_new_news_list_n

ビザ取ってなかったwwwwwww

ラウドネス、入国拒否で米ツアー中止「ビザが必要」と所属事務所説明

 日本のヘビーメタルの代表格で、4人組バンドの「LOUDNESS(ラウドネス)」が、米国ツアーのために
訪れたシカゴの空港で入国を拒否され、帰国したことが20日、分かった。公演を行う予定だったシカゴの
ライブハウスは店の公式サイトで「米政権による外国人への入国審査方針が厳格化したため」と説明している。
 所属事務所によると、バンドは18日にシカゴで入国を拒否され、数時間後に帰途に就いた。7カ所を
巡る予定の米国ツアーは全て中止となった。
 所属事務所は「これまでは主催元などの招待状があれば、日本人は入国できていたので、今回も同じ
段取りをしたが、『コンサートをする以上、ビザが必要だ』と言われたようだ。できれば仕切り直して改めて
ツアーを行いたい」としている。

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/04/20/kiji/20170420s00041000172000c.html

日本のヘヴィメタルバンド「ラウドネス」 米への入国拒否される

日本のヘヴィメタルバンド「ラウドネス」がアメリカツアーのために向かったロサンゼルスの空港で入国を拒否されました。

ラウドネス」は19日から始まる全米ツアーのため、イリノイ州シカゴに向かいましたが、ロサンゼルスの空港で入国を拒否され、そのまま帰国しました。
シカゴ公演の主催元はトランプ政権の「外国人に対する入国審査が厳しくなったことが理由」だと主張しています。

また、「彼らが入国拒否されるのは2度目」としていますが、メンバーの1人は「過去に入国拒否されたことは一度もない」としています。

日本のヘヴィメタルの第一人者として知られる「ラウドネス」は過去にアメリカのビルボード誌のランキングで最高74位に入るなど世界的にヒットし、
今も根強い人気を誇っています。

http://www.excite.co.jp/News/world_g/20170420/Tbs_news_89037.html

女の悩みって、「こうしろ」と言うとNGで「ふ~んそうなの?つらかったね」って言わなきゃダメなんだろ

他人と比べて「なんで私はこんなにダメなんだろう…」と凹むこともありますよね。でも自分では本気で悩んでいることが、意外と
男性からは「いやいや~、そこが良いんじゃん!」と高評価だったりするみたい。そこで今回は「男性がかわいいと思う女性の
悩み」について、20代男性にリサーチしてみました。

http://news.livedoor.com/article/detail/12959434/

宮城 強風で転ぶなど3人けが 倒木も相次ぐ

低気圧の影響で宮城県内は風が強まり、警察や消防によりますと午後3時現在、強風にあおられて転ぶなどして3人がけがをしたほか、倒木などの情報が相次いで寄せられています。

 


このうち、仙台市宮城野区幸町では、午後1時すぎ、70代の女性が歩道で風にあおられて転倒し頭に軽いけがをしました。現場の周辺では、バイクが倒れていたり、路上の人が風にあおられて倒れそうになったりする様子が見られました。
近くにいた80代の男性は「風が強くて本当に怖いです。吹き飛ばされそうになります」と話していました。

また、仙台市太白区長町の歩道でも80代の女性が転倒して手当てを受けるなど、警察や消防によりますと午後3時現在、県内で3人がけがをしました。

このほか、仙台市宮城野区鶴ヶ谷の交差点付近では、強風で街路樹が倒れて信号機が壊れました。交差点では、警察官が交通整理に当たったほか、作業員らが倒れた街路樹をクレーンでつり上げるなどして撤去作業を行っていました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170419/k10010953941000.html

【シルバーバックラー】入社2日目で退職した新社会人(22歳)「初日でこの会社はないなと見切った」

 「ゆとり世代」という言葉がすっかり浸透化した近年、若者世代の常識はずれな立ち振る舞いは後を絶たない。特に多いのが、
会社に内定をもらったものの入社数日で出社をしなくなる、“ばっくれ新人”だ。

 会社は新人を育てるために時間やカネなどあらゆるコストをかけて人材を採用している。
その意味で、バックレは完全なるルール違反。そのトラブルから訴訟になるケースもあるという。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170419-01317241-sspa-soci