「国難」って聞いて何を想像する?

福島原発事故から6年が過ぎようとしている。東京電力は1月26日に、
核燃料が溶けてメルトダウンした2号炉の
炉内調査を実施し、内部の様子を順次公開した。制御棒の交換用の
レールを利用して格納容器の外から中の原子炉容器の下部までカメラと
放射線測定器を挿入して映像やデータを得たものだ。燃料が高温になり、
周囲の金属と一緒に溶けて固まった(燃料デブリ)と考えられる小さな
塊があちこちにあった。カメラが入ったのは原子炉の底ではなく、
底部から数メートルの高さの格子状の足場のところである。まだ、
デブリと特定されていないが、そう考えるのが妥当のようだ。

放射線量はなんと530シーベルト/時を観測した。その後の調査でも
同様に高い線量が観測された。この非常に高い線量からもデブリと考
えられる。人間は積算7シーベルト被曝で死亡するといわれるため、
傍らに立てば1分も経たないうちに致死線量を浴びることになる。
この値は原子炉の下部ではなく原子炉自体を支える構造物(ペデスタル)の
外側で観測された。下部は20シーベルト/時、それ自体は高い数値だが、
注水による遮蔽効果であろう。

http://blogos.com/article/214641/