【病死か?】愛犬家殺人事件、関根死刑囚が死刑執行前に死亡へ

埼玉県の愛犬家ら4人が1993年に殺害された埼玉愛犬家連続殺人事件で、殺人と死体損壊・遺棄の罪で死刑が確定した元ペットショップ経営・関根元(げん)死刑囚(75)が27日、
東京拘置所で死亡したことが、法務省への取材で分かった。

 病死とみられるという。

 確定判決によると、関根死刑囚は元妻の風間博子死刑囚(60)と共謀し、
93年4~7月、犬の売買を巡って金銭トラブルになっていた会社役員川崎明男さん(当時39歳)ら3人に、猛毒の硝酸ストリキニーネを詰めたカプセルを
飲ませて殺害。同年8月にも、
主婦(同54歳)を同様の手口で殺害し、
4人の遺体を切断、焼却して山などに捨てた。最高裁が2009年6月、上告を棄却し、死刑が確定した。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170327-00050097-yom-soci