沖縄タイムス「ヘリパッド工事でノグチゲラ営巣木を伐採!」防衛局「ただの腐った低木ですが」

沖縄タイムスに「誤解招く報道は遺憾」と沖縄防衛局 「ノグチゲラ営巣木伐採」報道で
http://www.sankei.com/politics/news/170327/plt1703270029-n1.html

防衛省沖縄防衛局は27日、沖縄県の地元紙「沖縄タイムス」が21日付の朝刊1面で「ノグチゲラ営巣木伐採か」との見出しで報じた記事について、
「誤解を招く報道は大変遺憾だ」と指摘する文書を報道各社に送った。

沖縄タイムスの記事では、米軍北部訓練場(東村、国頭村)のヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)移設工事で「国の特別天然記念物ノグチゲラが巣を作ったとみられる木が伐採されていた」と記述し、
「ヘリパッド建設に反対する市民が撮影した」という樹木の写真も掲載した。

防衛局は報道を受け、現地調査を行い、専門家を交えて事実関係を確認。
ノグチゲラ営巣木伐採の事実は確認されなかった」と結論づけた。

防衛局は文書の中で、樹木を特定して確認したところ、「腐食によって内部が筒状に空洞となっており、ノグチゲラが営巣していた痕跡は確認できなかった」と明記。
ノグチゲラは高さ3~6メートルほどの場所に巣をつくるが、この樹木の穴は高さ1メートル以下の低い位置にあったとも指摘した。

沖縄タイムスに掲載された写真については「営巣木であることが疑わしいにも関わらず、写真のアングルなどによって巣穴のように見える写真が提供」され、
無許可で立ち入ることのできない場所で撮影されたものとみられるとの見解を示した。
報道自体についても「このような情報に基づく誤解を招く報道は大変遺憾だ」と強調した。