新聞配達をしていた勤勉な女子高生、トラックに撥ねられる 意識不明の重体

新聞配達の女子高生、トラックにはねられ重体 宮城

24日午前5時10分ごろ、宮城県大河原町大谷西原前の県道交差点で、自転車で新聞配達中の
同町高砂町、高校1年、高橋亜実さん(16)がトラックにはねられ、頭などを強く打って意識不明の
重体となった。トラックを運転していた茨城県筑西市下川中子、会社員、新井治朗さん(54)に
けがはなかった。

県警大河原署によると、高橋さんはアルバイトで新聞配達をしていた。自転車で横断歩道を渡る際、
左側から来たトラックにはねられた。早朝のため、横断歩道の信号機は赤点滅で、トラックの
進行方向は黄色点滅だった。新井さんは「気付いてブレーキを踏んだが、間に合わなかった」と
話しているという。

高橋さんが通う宮城県立の白石高(同県白石市)の三浦浩教頭は「一刻も早いけがの回復を
祈るばかりだ」と話した。

http://www.sankei.com/affairs/news/170324/afr1703240032-n1.html