松坂大輔、ノーヒットノーラン達成 冴え渡る130kのストレートと120kmのスライダー!

ソフトB松坂が7回無安打0封! 4回以降完全投球、広島に3人継投でノーノー

 ソフトバンク松坂大輔投手が25日、広島とのオープン戦ヤフオクD)で圧巻の投球を披露した。18日の西武戦(メットライフ)で4回途中に右内転筋に張りを訴えて途中降板していた右腕だが、幸いにも症状は軽く、中6日で先発。
7回無安打無失点、許した走者は四球で出した2人だけ。三塁すら踏ませない投球だった。ソフトバンクは7回に川島のタイムリーで1点を奪取。
8回は五十嵐、9回はサファテとつないで広島相手に3人の継投でノーヒットノーランを達成し、1-0で勝利した。松坂が勝利投手となった。

 注目の立ち上がり。この日は前回の西武戦同様、ノーワインドアップでの投球で試合がスタートした。初回、先頭の安倍への初球は134キロの真っすぐ。
外角高めへ外れてボール。2球目、134キロで空振りを奪うと、最後は125キロのチェンジアップで中飛に打ち取る。続く小窪は120キロのスライダーで左飛。
丸には3ボール2ストライクから四球を与えたが、新井への3球目、盗塁を狙った丸を鶴岡が刺し、結果的に3人で切り抜けた。

 7回102球を投げ、被安打ゼロ。2四球、6個の三振を奪う快投。4回以降はパーフェクト投球だった。

以下ソース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170325-00010016-fullcount-base