元ICONICの伊藤ゆみ、自身のキャラクターの打ち出し方で悩んでいることを明かす

女優の伊藤ゆみが先日、バラエティー番組『怪傑えみちゃんねる』(関西テレビ)に出演し、
昨年8月に『ICONIQ』から現在の芸名に改名したが、自身のキャラクターの打ち出し方で悩んでいることを明かした。

伊藤は高校時代に単身で韓国に移住。ぺ・ヨンジュンの妻のスジンも在籍していた韓国のアイドルグループ『Suger』のアユミとして2001年にデビューした。
2008年からは日本へ活動の拠点を移し、伊藤ゆみとして活動。
2009年11月には丸刈り頭の歌手ICONIQとして再デビューし、注目されたが、昨年8月からは再び伊藤ゆみに改名して、女優業を中心に活動している。

同番組司会の上沼恵美子は、丸刈り時代を指して、「このイメージで、夏木マリさんの路線で行かれるべき」と断言した。
これに対して伊藤は、「その路線で行きたかったんですよ。理想は夏木マリさんだったんですけど、うまくいかず、ちょっといま悩み中で」と打ち明けた。

さらに上沼は、「30(歳)なんぼで“上手く行かず”もないわ。上手く行かずっていうのは90(歳)過ぎてからや」と励ますと、
伊藤は「元気いただきました。最近、本気で悩んでいたので、今後の方向性をどうしたらいいのか」と感謝していた。

 


元ICONIC「韓国帰り」伊藤ゆみが明かした方向性の悩み
http://myjitsu.jp/archives/19207