国交省、旅行代理店から代金の支払いからと発券取消した航空会社は日本で営業できなくすると発表

販売した海外旅行ツアーの航空券が発券出来なくなっていた旅行会社「てるみくらぶ」(東京都渋谷区)が27日、
東京地裁に破産申請し、手続き開始の決定を受けた。

同社のツアーを利用して海外渡航中の旅行者は約2500人に上り、観光庁は同日、トラブルに備え、
外務省を通じ、海外の日本大使館に対応を要請した。今後出発するツアーなどでも8万~9万人が代金を
支払い済みで、その総額は約100億円に達する可能性がある。

同庁が26日、旅行業法に基づき、同社への立ち入り検査を行った結果、同日現在、ハワイや韓国、台湾など
38の国と地域に計約2500人が渡航中であることが判明した。

日本に乗り入れている航空各社に対し、国土交通省が出した通達では、航空券の発券後、旅行代理店から
代金の支払いがないことを理由に発券を取り消すことはできないとしている。

2500人の多くはパックツアーで渡航し、帰国用の航空券も発券済みとみられ、
同庁は「基本的には問題なく搭乗することができる」という。ただ、破産情報が海外に伝われば、
現地での搭乗手続きでトラブルになる可能性もあり、観光庁は27日、航空会社に再度、通達を周知した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170327-00050141-yom-soci