撮り鉄がズラーッと並びカメラを向ける「怖い、気持ち悪い、迷惑」マナー違反に地元住民は激怒

写真撮影をする鉄道ファンは、「撮り鉄」と呼ばれている。マナー違反の行動をとったり、
各種の迷惑行為に及んだりする人々が一部に存在することが、これまで繰り返し問題視されてきた。
(略)
東京都台東区鶯谷駅も、撮り鉄が集まる撮影スポットの一つだ。山手線と京浜東北線が停車する
ホームが、寝台列車のラストランなどを撮影するための絶好の場所だからだ。それらの撮影を
目的として駅のホームに撮り鉄が押し寄せたことが、これまでに何度もあった。
(略)
地元住民A氏の案内で、現地を訪れた。ホームの先端付近でA氏は説明する、「このあたりに、
撮り鉄の人たちがズラーッと並んで、撮影目的の列車が今すぐ来るわけでもないのに、カメラを
構えてるんですね。電車から乗客が降りてきても、カメラを向けたまま。電車から出てきた人たちを
邪魔に思ったのか、繰り返し舌打ちしてた撮り鉄もいます」。
降車した瞬間に多くのカメラが向けられている光景は、気味が悪かったという。「自分のことを
写しているわけではないかもしれないけど、もし写っていたらと思うと怖いし、気持ち悪い」。
電車から乗客が降りてきた時くらいはカメラを下に向けるといった、最低限のマナーは
身につけてほしいと、A氏は憤る。
http://tanteifile.com/wp-content/uploads/2017/03/03-13.jpg
http://tanteifile.com/wp-content/uploads/2017/03/04-13.jpg
寝台列車の撮影を目的に、ホームの先端に撮り鉄が押し寄せた際には、多くの駅員が
対応することになったという。やがて、その近辺にロープが張られるようになり、
現在は柵が設けられている。駅の近辺の街中でも、列車の撮影を目的に望遠レンズ付きの
カメラを構える人々が現れたそうだ。
http://tanteifile.com/wp-content/uploads/2017/03/02-13.jpg

記事全文とそのほかの画像一覧 http://tanteifile.com/archives/5152