【前途有望な新入社員が・・】てるみくらぶ破産で約50人の新卒内定者に採用取り消し通達へ

破産手続きの開始が決まった旅行会社「てるみくらぶ」が、平成29年度の新入社員として約50人の採用を内定していたことが28日、わかった。同社の代理人弁護士によると、
山田千賀子社長が27日に内定者を集めて破綻の経緯を説明、採用取り消しを伝えたという。

 同社の社員数は約80人。対面販売や添乗員を増やして人件費がかさんだ上、円安を背景に現地通貨建てでホテルなどを押さえる費用が膨らんでいた。
資金繰りが悪化する中で大量の内定を出したことで、顧客だけでなく新社会人への影響も広げる結果となった。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170328-00000570-san-soci