大阪市で胸に包丁2本が刺さった中3女子が死亡 同居男性(20代)が犯行後首吊り自殺

28日午後6時45分ごろ、大阪市西成区天下茶屋の集合住宅の一室で、住人の中学3年の女子生徒(15)が
血を流して倒れていると119番があった。大阪府警西成署員が駆け付けたところ、女子生徒と20代ぐらいの男性が倒れており、
2人とも搬送先の病院で死亡が確認された。

同署によると、女子生徒は男性と交際しており、両親と共に4人で暮らしていた。女子生徒は胸に包丁2本が刺さった状態でベッドの上に倒れ、
男性は部屋のドア付近でベルトのようなものを首に巻いた状態で倒れていた。

同署は、男性が女子生徒を刺した後、首つり自殺を図った可能性があるとみて調べている。 

http://news.livedoor.com/article/detail/12860792/