行方不明の男性、ニシキヘビの中に遺体 映画「アナコンダ」は名作だよね

行方不明の男性、ニシキヘビの中に遺体 インドネシア 
BBC News 3/29(水) 18:36配信

インドネシアスラウェシ島で27日、前日に行方不明になった男性が、ニシキヘビの中から遺体になって
発見された。地元警察が発表した。

西スラウェシ州警察のマシュラ報道官がBBCインドネシア語に話したところによると、サルビロ村に
住む25歳のアクバルさんが26日にヤシ油を採集しに行くと家を出たきり、24時間帰ってこないと
捜索願が出されたため、アクバルさんの家族のヤシ農園周辺を捜索した。すると腹部を大きく膨らませた、
長さ7メートルになるアミメニシキヘビを発見した。

人間を飲み込んだのではないかと疑い、ヘビを切り開くと、男性の遺体が中から出てきたという。

「(アクバルさんは)見つからなかったが、溝にニシキヘビがじっとしているのを村の人たちが
見つけた。もしかするとアクバルを飲み込んだのではと疑い、切り開くと、中にアクバルがいた」
とマシュラ報道官は話した。インドネシア人の多くは、ひとつの名前のみを使う。

アミメニシキヘビは世界最長の爬虫類のひとつで、獲物を窒息させてから飲み込む。
人間を殺して飲み込むことは珍しいが、幼い子供や動物を飲み込んだという事例はたまに報告される。

ブラウィジャヤ大学のニア・クルニアワン氏はBBCに対して、これほど大きいニシキヘビなら、
イノシシや野犬など大型の獲物を狩りするだろうと話した。

ニシキヘビは通常、人間の集落は避けるものだが、ヤシ農園にはイノシシや猿類、
野犬が集まりやすいため、ニシキヘビにとっても好都合な猟場になり得るという。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170329-39429781-bbc-int
https://lpt.c.yimg.jp/im_siggbmPEi.elTKXMXVN.N1MZWQ---x900-y506-q90-exp3h-pril/amd/20170329-39429781-bbc-000-view.jpg