山口県光市の離島、牛島(うしま)の診療所で約10年間、診療にあたっていた医師の佐々田孝美さん(70)が体調不良のため31日で退任する。

 山口県光市の離島、牛島(うしま)の診療所で約10年間、診療にあたっていた医師の佐々田孝美さん(70)が体調不良のため31日で退任する。後任は見つからず、市は週4日の診療を1日に減らし、市立光総合病院の医師を交代で派遣して対応する。

 市健康増進課によると、診療所ができたのは1961年。
 旧光市民病院や市医師会による巡回診療の時代を経て、72年からは佐々田さんまで計5人が常勤医として診療を続けてきた。
 佐々田さんは2007年7月に光総合病院から派遣されて着任し、本土から船で週4日間通った。4月からの診療は土曜日の午前9時半~11時半だけとなる。

 光市室積の沖合8・4キロに浮かぶ牛島の人口は42人で、65歳以上が9割以上。15年度に診療所を受診した島民は延べ874人で、1日あたり4・7人だった。

http://www.asahi.com/articles/ASK302T30K30UBQU00H.html