F-35B日本配備と軽空母時代の幕開け

日本の採るべき道

 ここまで述べてきたことから、我が国の海上防衛力はどのような方向に進むべきなのか。
今春にはヘリコプター搭載護衛艦「かが」(満載排水量約3万トン)が就役し「いずも」型が2隻揃うことになる。
この2隻は前述の米艦「ワスプ」(同4万トン)と比較した場合、排水量こそ小さいものの、艦の全長・全幅はほとんど変わらない。
最大速力は、「ワスプ」の22ノットにくらべ「いずも」型は30ノットと凌駕しており、機動力や発着艦作業は極めて有利である。
デッキ強度や昇降機のサイズは大型ヘリやオスプレイによる今までの訓練実績で実証されている。
「いずも」型の詳細なデータについて筆者は知り得る立場にはないが、その船体規模から類推すれば、デッキ係止も含めてF-35Bの1個飛行隊を搭載して運用することは(所要の改造を行えば)十分可能と思われる。
これはまさに人気漫画『空母いぶき』(かわぐちかいじ作、小学館)の現実化といえるだろう。 

 そのためには、F-35のBタイプが必要となる。
現在航空自衛隊が導入しようとしているのは通常型のAタイプであるが、これは艦上では運用できない。
Bタイプは航続力・兵装の面ではやや劣るが、それを凌駕する利点を持っている。
それは作戦拠点が、狙われやすい特定の基地飛行場に制約されることなく、ある時は艦上から発艦し、
ある時は点在する離島の小規模滑走路に退避し、ある時は前進秘密基地から出没する、という極めて柔軟な作戦運用が可能なことである。
事実、先に述べた英国では海軍だけでなく空軍もこのBタイプを機種選定している。

これに合わせて陸上自衛隊が導入予定のオスプレイを搭載すれば、極めて幅広い海上作戦行動が可能になるものと思われる。

F-35B日本配備と軽空母時代の幕開け かわぐちかいじ氏人気漫画『空母いぶき』のリアリティー 元海将補 岩崎洋一
http://www.sankei.com/premium/news/170401/prm1704010017-n1.html
http://www.sankei.com/images/news/170401/prm1704010017-p1.jpg
http://www.sankei.com/images/news/170401/prm1704010017-p12.jpg