トレーラーから4トンの重り落下、対向車に直撃して死亡させる

31日午後3時20分頃、兵庫県篠山市今田町木津の県道で、大阪市住之江区の運送会社
「大綱商運」のトレーラーの荷台から金属製の重り(約4トン)2個が落下し、うち1個が対向
車を直撃した。

 車を運転していた同県宝塚市、会社員日裏ひうら真岐子さん(50)が搬送先の病院で死
亡し、助手席の会社員女性(60)も重傷を負った。

 篠山署は、トレーラーの運転手(69)を、自動車運転死傷行為処罰法の過失運転致傷容
疑で現行犯逮捕。同致死傷容疑に切り替えて調べる。

 同署によると、重りは長さ約4メートル、幅約1メートル、厚さ約50センチで、クレーンなど
のバランスを保つために用いられる「カウンターウェート」。荷台にワイヤで固定されていた
が、ワイヤが切れていたという。

 現場は片側1車線のゆるやかなS字カーブ。

http://www.yomiuri.co.jp/national/20170401-OYT1T50039.html
http://www.yomiuri.co.jp/photo/20170401/20170401-OYT1I50013-L.jpg