カジュアル衣料品店「ライトオン」が経営危機(´;ω;`)

ジーンズカジュアル衣料品店を展開するライトオンは、1995年の株式公開から約20年来で初となる営業赤字への転落危機に立たされている。

上場来初の営業赤字に転落したライトオンの利益推移

 3月28日に発表した2017年8月期の第2四半期(2016年8月21日~2017年2月20日)の業績は、売上高428億円(前年同期比7.7%減)、営業利益2.3億円(同92%減)となった。
同時に通期業績予想についても修正を発表。売上高810億円(前年比6.3%減)、20億円の営業赤字(前年は37.3億円の黒字)に転落する見通しだ。
今年1月24日に下方修正を発表してわずか2カ月で2度目の下方修正を強いられた。

 同社は「バックナンバー」など自社で開発したプライベートブランド(PB)に加え、「リーバイス」や「エドウイン」などナショナルブランド(NB)のジーンズも取りそろえる。
全国の商業施設を中心に約500店舗を展開しており、前期まで2期連続営業増益と業績は堅調だった。いったい何が起きたのか。

商品が変わり映えせずマンネリ化

 不振に陥った要因は、トレンド捕捉の失敗にある。昨シーズンは裏地が温かい「モコモコ」といった主力のPB商品が、販売開始から3カ月間で100万点を売り上げ大ヒットした。
だが今シーズンは9月の天候不順などで秋物商品の立ち上がりが苦戦。
旬な品ぞろえを実現できなかったことで値下げを余儀なくされ、利益が急減してしまった。

ライトオン、ヒット不発で初営業赤字の危機
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170402-00165792-toyo-bus_all