「電力自由化」←これって何だったの?  切り替え、わずか5.0% 

電力自由化1年>切り替え2% 新規参入進まず 2016年4月に家庭を含む電力の小売りが全面自由化され、4月1日で1年になる。
東北電力が市場を独占してきた東北6県と新潟県では、新規参入の電力会社(新電力)への契約切り替えが11万500件(2月末現在)になる。
10万件の大台を突破したが、全体の2%にとどまっている。
 電力広域的運営推進機関によると、全国の2月末の契約切り替え件数は全体の5.0%に当たる311万200件。
経済産業省電力・ガス取引監視等委員会は「1年で5%は、先行して自由化した欧州並み。順調なスタートと言える」と説明する。
 だが、契約切り替え件数を地域別で見ると、東京、関西、中部の三大都市圏が全体の82.7%を占める。同委員会は「東北など需要規模が小さい地域との差は大きい」と話す。

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201703/20170331_72014.html