「35歳を過ぎるとなぜ頑張らない」に共感集まる

「35歳を過ぎるとなぜ頑張らない」に共感集まる 「昇給見込めずどう手を抜くかになる」「10年仕事してると驚くこともない」

今日から新社会人になった人には、不安だけでなく将来に対する期待もあるだろう。こうした人から見れば、やる気なくダラダラ仕事をする社会人が不思議に映ることもあるのでは。

はてな匿名ダイアリーには4月1日「なぜ35歳を超えると頑張らなくなるのか」という投稿があった。投稿者は37歳で、20代のころは、先輩たちが35歳過ぎくらいにパフォーマンスが落ちていく様子を見て疑問に思っていたという。
しかし、37歳になり、先輩たちの気持ちが理解できるようになった。

この投稿には約800件のはてなブックマークがつき、「わかる。わかるよ。35歳になった瞬間のあの衝撃というかキャトられて精神支配された感覚……」など、投稿者の意見に賛同する声が続出している。

35歳といえば、大学卒業後、新卒で入社して10年以上が経つ年代だ。入社時には何もかもが新鮮に見えても、同じ会社で似たような仕事を続けていれば、段々と飽きてくるのは当然だろう。「意味のないことを真面目にできるのはせいぜい20代まで」と書く人や、


「仕事に飽きるんだよ」
「入社して10年と同じ仕事をしている。常に学ぶことはあるけど、全く知らない事はないし、突発でも驚くほどの事は起きない。このまま続くのだろうなと思う。今、驚くほどやる気がない」

などの投稿があった。また、長時間労働や低賃金という環境で働くうちに、頑張って仕事をすることがバカらしく感じてきた、という気持ちを吐露する人も多い。

http://news.livedoor.com/article/detail/12888088/