軽自動車の方が維持費安いのに何で流行らないのか???

新車販売500万台超、3年ぶり増加 新車投入が好影響

2016年度に国内で売れた新車は507万7904台で、前年度より2・8%増えた。消費増税前の駆け込み購入があった13年度以来、3年ぶりに前年度を上回った。500万台を超えるのも2年ぶり。

軽自動車は低迷が続くが、軽以外で投入が相次いだ新型車の効果が出た。

 日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国軽自動車協会連合会が3日、発表した。軽以外の車は前年度比7・5%増の335万7933台。
15年末に全面改良されたトヨタ自動車ハイブリッド車(HV)プリウスが16年度前半の需要を引っ張った。安全性能や使い勝手を高めた新型車も相次いで投入され、自販連は「買い替えをためらっていた人の背中を押した」とみている。

http://www.asahi.com/articles/ASK433PL2K43ULFA009.html