名門ブランド「ラルフローレン」の人気低迷が深刻 ニューヨーク五番街から撤退

 【ニューヨーク=上塚真由】米衣料品大手のラルフローレンは4日、ニューヨーク・マンハッタンの中心地「5番街」にある
旗艦路面店を今月15日に閉鎖すると発表した。米国を代表する名門ブランドの5番街からの撤退は、米国内で大きく
報じられている。

 閉鎖するのは、トランプ米大統領が住んでいた「トランプ・タワー」のすぐ近くにある旗艦路面店。同社は、人員削減や
オフィスの見直しなどを進め、年間1億4千万ドル(約155億円)の経費削減を見込む。

 5番街には、低価格と流行に敏感な商品展開で人気を集めるスペインの「ザラ」や、スウェーデンの「H&M」などの
路面店があり、こうした新興勢力に押し出された格好だ。価格が高めの衣料品が多いラルフローレンは業績不振が続いていた。

 ラルフローレンは昨年6月、常勤の従業員の8%に当たる約1千人の削減や、少なくとも全米で50店の閉鎖を発表したが、
追加のリストラ策となった。今後はインターネット販売を強化して事業の立て直しを図るという。
http://www.sankei.com/economy/news/170405/ecn1704050018-n1.html