2017年度 「日本大好きアルよ!」 中国人の圧倒的多数が親日であることが判明

「中国人に人気の旅行先」 韓国が3位→16位に急落

中国人に人気の海外旅行先に関する調査で、韓国の順位が急落したことが4日までに分かった。
終末高高度防衛ミサイル(THAAD)の韓国配備決定後、中国国内で沸き起こった反韓ムードが
影響しているものとみられる。

韓国貿易協会の中国四川省成都支部によると、中国最大のインターネット旅行代理店「Ctrip」が実施した
「今年行きたい旅行地」を尋ねるアンケート調査で、韓国と答えた人の割合は1.4%にすぎず、
昨年の3位から今年は16位へと大きく順位を下げた。

1位は日本とタイで、回答者の10%以上が両国を選び、Ctripで海外旅行を予約した旅行者の数も
両国が最も多かった。また、最近では遠方への海外旅行にも中国人の関心が高まり、英国やフランス、
イタリア、ニュージーランドなども10位以内に入った。

中国国家観光局は先月2日、韓国関連の観光商品の販売禁止を通達し、先月15日から本格的に施行している。
中国のクルーズ船の韓国への寄港も禁止されている。韓国の宿泊業界は中国人団体観光客の予約中止が相次ぎ、
苦境に陥っている。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/04/04/2017040403570.html