【テロ等準備罪】元シールズら「勝手にきめるぬぁ!自由をまもるぇ!」…ラップ調で廃案訴え

これぞ「お花畑」? 世界中でミサイルが飛び交う中、元シールズがラップ調で「テロ等準備罪」の廃案訴え

 安全保障関連法に反対し、昨年に解散した若者グループ「SEALDs(シールズ)」の元メンバーらが結成した
「未来のための公共」などが7日夜、共謀罪の構成要件を厳格化した「テロ等準備罪」を新設する
組織犯罪処罰法改正案に反対する集会を国会周辺で開き、参加者らがラップ調の掛け声に合わせて廃案を訴えた。

 マイクを握ったメンバーの大学3年、馬場ゆきのさん(20)は「国家権力を守るために、国民を法律で縛るのは間違っている」と批判。
大学3年の奈良みゆきさん(20)は「与党は強行採決する恐れがある。おとなしく通過させてはいけない」と訴えた。

 参加した国会議員も「全国民が監視対象になり、自由が奪われる」「国が人々の内心に踏み込む」と法案の危険性を強調。
集まった市民らはラップ調の掛け声に合わせて「勝手に決めるな」「自由を守れ」と気勢を上げた。
http://www.sankei.com/affairs/news/170407/afr1704070020-n1.html