【大阪】警察官が勤務中に現金盗む

防犯指導で訪れた89歳の男性の自宅から、現金を盗んだとして、大阪府警の25歳の巡査が逮捕されました。およそ500万円を盗んだことを認めています。

大阪府警貝塚警察署地域課の巡査・出口卓実容疑者(25)は、今月1日、貝塚市内の89歳の男性の自宅で、現金およそ300万円を盗んだ疑いで、けさ逮捕されました。出口容疑者は1月、この男性から、「財布をなくした」と相談を受け、上司と自宅を訪れた際、多額の現金が室内に保管されているのを知りました。出口容疑者は、「自宅に置くのは危ない」などと防犯指導する一方で、その後、1月と4月、勤務中に男性宅を訪れ、合わせておよそ500万円を盗んだということです。出口容疑者は、「盗めば借金を返済できると思った」と容疑を認めています。大阪府警は、「警察官として言語道断の行為。厳正に対処する」としています。
http://webnews.asahi.co.jp/abc_1_001_20170408005.html