東京から来たプロ土人「道路に座り込んでいたら機動隊に排除されバッグ切られました。怒りを感じる」

辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設で7日午前、コンクリートミキサー車4台を含む工事関係車両約30台が米軍キャンプ・シュワブゲート内に入った。
移設に反対する市民ら約45人がゲート前に座り込んだが、機動隊約30人によって排除された。

午前8時55分、ゲート内に待機していた機動隊約30人がゲート前に移動し、市民らを排除した。
その後、午前9時16分までに工事車両約30台が基地内に入った。
座り込みには東京都府中市を中心に活動する平和団体沖縄県民と連帯する府中の会」のメンバー15人も参加した。

桃井勝事務局長(73)=東京都=は機動隊に排除される際、持っていたハンドバッグの取っ手部分が切れた。
桃井事務局長は「初めて排除を経験した。話には聞いていたが、まさかこんなにひどいとは思っていなかった。怒りを感じる」と話した。
基地内に入った工事車両について「いよいよ護岸工事が始まり、きれいな海が壊される。そのことを思うと、悔しさや悲しみなどの感情が沸き起こってくる」と話した。
一方、海上での作業は確認されていない。

http://ryukyushimpo.jp/news/entry-474594.html
http://ryukyushimpo.jp/archives/002/201704/d87288e77846259708da13485eee1f37.jpg