護衛艦「たかなみ」 拳銃自殺かも、です

8日朝、神奈川県横須賀市にある海上自衛隊横須賀基地に停泊中の護衛艦の中で20代の男性自衛官が倒れていて、近くに拳銃が落ちているのが見つかりました。自衛官の命に別状はない
ということで、海上自衛隊は、拳銃を使って自殺を図ろうとしたと見て調べています。

海上自衛隊によりますと、8日午前5時ごろ、横須賀市にある海上自衛隊横須賀基地に停泊中の護衛艦「たかなみ」の艦内で男性が倒れているのを、当直の乗組員が見つけました。

海上自衛隊によりますと、男性は「たかなみ」の隊員の20代の海上自衛官で、近くに拳銃が落ちていたということです。自衛官は病院で手当てを受けていて、命に別状はないということ
です。また、拳銃は鍵のかかった艦内の倉庫に保管されていたものと見られるということです。

海上自衛隊は拳銃で自殺を図ろうとしたと見て、当時、艦内にいた乗組員から事情を聞くとともに、拳銃の保管状況についても調べています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170408/k10010941521000.html