【乞食速報】ゴミから現金4251万円→「それ俺の」「私のよ!」「いーや!ワイのや」持ち主名乗り続出ww

群馬県沼田市の廃棄物収集運搬会社の敷地内で4日に、ごみの中から現金4251万円が見つかった。
事件と関わりがあるのか、誤って捨てられたものなのか。実は、この場所、8年前にも300万円相当(当時)の金の延べ板が見つかったことがある。
単なる偶然なのか。それとも--。
地元ではさまざまな臆測が飛び交っている。【杉直樹】

 「あのお金は自分のものです」。
大金が見つかった4日以降、群馬県警沼田署には、こんな電話や問い合わせが相次いでいるという。
しかし、持ち主はまだ特定されていない。

 県警によると、大金が見つかったのは4日の午後2時20分ごろ。
同僚と2人で、廃棄物の選別作業をしていた男性従業員(63)が見つけた。

 しかし、沼田署は、現金が何に入っていたかやお札の種類など詳細については一切明かしていない。
「本当の持ち主」かどうかを見極めるためだ。

 このお金は「拾得物」扱いのため3カ月間持ち主が現れなかった場合は、この会社のものとなる。
しかし、会社関係者は困惑気味だ。「トラック1台でも買おうもんなら、地元の人から『あの金で……』とささやかれるでしょう」

<沼田>現金4251万円持ち主名乗り続々 お宝騒動再び
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170407-00000096-mai-soci