平成28年食中毒 事件数、患者数とも減少 1位カンピロ、2位カンピロ

 厚生労働省は3月16日、東京都港区の航空会館で薬事・食品衛生審議会食品衛生分科会食中毒部会(部会長=五十君靜信東京農業大学教授)を開き、平成28年の食中毒発生状況を報告した。
 28年の食中毒事件数は前年比62件減の1140件、患者数は2465人減の2万253人となり、事件数、患者数とも前年を下回った。
 患者数が500人以上の事例は、①江東区(4月28日)の患者数609人(飲食店、鶏ささみ寿司、カンピロバクター属菌)②京都府(11月11日)の患者数579人(旅館、11月11~15日に旅館が提供した食事、ノロウイルス)――の2件。
 死者が発生した事例は①旭川市(4月21日)の2人(家庭、イヌサフラン〔推定〕、植物性自然毒)②北海道(5月29日)の1人(家庭、スイセン、植物性自然毒)③宮城県(5月15日)の1人(家庭、イヌサフラン、植物性自然毒)④秋田県(4月23日)の1人(家庭、トリカブト、植物性自然毒)⑤千葉県(8月5日)の5人(老人ホーム、きゅうりのゆかり和え〔給食〕、腸管出血性大腸菌O157)⑥東京都(8月27日)の5人(老人ホーム、きゅうりのゆかり和え〔給食〕、腸管出血性大腸菌O157)――の6件14人(前年は5件6人)。

http://www.keimei.ne.jp/article/20170405n2.html