神田キャンパスに新校舎/最大延べ1.3万㎡/専修大学

 専修大学(東京都千代田区)は、神田キャンパス靖国通りに新校舎を建設する。

規模は最大で延べ1万3446㎡、階数は地下1階地上15階建てを想定している。
現在、日建設計が基本設計を5月までの予定で進めており、2017年度中に実施設計を終えて建設工事に着手する予定だ。
19年度中の竣工、20年4月の利用開始を目指す。建設地は同区神田神保町3-4-1の敷地1920㎡。
新校舎は国際系新学部と、商学部が利用する計画だ。今後、学内に設置した神田キャンパス検討会議で詳細を詰めていく。
 また、新校舎建設計画、商学部移転・新学部の設置に伴う研究室の増設、保健室・相談室の改修などに対応するため、
既存校舎の1号館の大規模改修を進める。
 現在の神田キャンパス(神田神保町3-8)には、1-3号館、5、6号館(専修大學會館)、7、8号館などがある。

https://www.kensetsunews.com/archives/41363