共謀罪反対集会 山本太郎「政府は一般の人は関係ないと言っているが、ここにいるみんなはアウト」

「LINEもできない共謀罪」はいらない!~4.6共謀罪法案反対集会に3700人

 4月6日、共謀罪法案が衆院審議入りした。夜、これに反対する集会が日比谷野外音楽堂で開かれた。

3700人が参加し、「共謀罪NO!」のプラカードをかかげてコールをくりかえした。会場があふれる盛況で、この問題への関心の急速な広がりを感じさせた。

 民進党有田芳生議員は、「戦後最悪の治安立法、共謀罪が審議入りしたことに強く抗議する。
警職法反対闘争のときには“デートもできない警職法”という言葉がはやり反対世論を広げたが、今回は“LINEもできない共謀罪”を合言葉に廃案に追い込もう」と訴えた。

 自由党山本太郎議員は、「今回の強引な審議入りの狙いの一つは、森友問題を隠したいということ。だが我々は追及をやめない」
「政府は共謀罪は“一般の人は関係ない”と言っているが、私たちのように政府に声を上げる人は“一般の人”に入っていない。
この法案が通ったらここにいるみんながアウトだ。そうさせないために、みんなにわかる言葉で伝えていこう」と歯切れよくアピールした。
他に共産党(田村智子さん)、社民党福島みずほさん)、沖縄の風伊波洋一さん)の各国会議員日本ペンクラブの吉岡忍さん、京都大学教授の高山佳奈子さんらが発言した。

http://www.labornetjp.org/news/2017/1491496410472staff01

http://i.imgur.com/ceSI5Wr.jpg
http://i.imgur.com/LqWOgpR.jpg