朝鮮半島へと移動中の空母打撃群に水上戦闘群も合流へ 空母1イージス艦5編成に

北朝鮮情勢】米、水上戦闘群も空母カール・ビンソンに合流か 対北軍事圧力を強化

 トランプ米政権がシリアに続き、北朝鮮への軍事的圧力を強めている。米海軍は8日、
原子力空母カール・ビンソンを中心とする空母打撃群を朝鮮半島近くに向かわせたと公表。
ミサイル駆逐艦などで構成する水上戦闘群も米西部サンディエゴから西太平洋へ航行しており、一部米メディアは9日、空母打撃群に合流すると報じた。

 米太平洋軍当局者は9日、共同通信の取材に、空母の派遣で「米軍の即応性とプレゼンス(存在感)の維持を図る」と強調した。

 空母打撃群の動きとは別に、米海軍第3艦隊によると、ミサイル駆逐艦2隻を含む水上戦闘群が3月末にサンディエゴを出港。
一部米メディアは、現在ハワイ近くを航行しており、合流予定だとしている。

 空母打撃群はシンガポールから北上中。南下してオーストラリアへの寄港を予定していたが、ハリス太平洋軍司令官が計画変更を命じた。(共同)

http://www.sankei.com/world/news/170410/wor1704100040-n1.html