【東京都杉並区】床下から遺体 住宅所有の女性は1月初め以降姿が確認されず

9日、東京・杉並区の住宅で、この住宅を所有する62歳の女性と見られる遺体が床下から見つかった事件で、女性は、近所の人がことしの1月初めに
見かけて以降、姿が確認されていないことが、警視庁への取材でわかりました。警視庁は、この時期に事件に巻き込まれた疑いがあると見て、調べを進めています。
9日、東京・杉並区の住宅で、2階にある台所の床下から、顔や手足を粘着テープで縛られたうえ、左胸に刺し傷がある、女性と見られる遺体が見つかりました。
警視庁は、この住宅を所有する上田美恵子さん(62)の行方がわからなくなっていることから、遺体は上田さんで、殺害されたと見て、身元の確認を進めています。
これまでの調べで、上田さんの姉が、行方不明になっていると警視庁に届け出たのは、ことしの2月下旬でしたが、上田さんは、近所の人がことしの1月初めに
見かけて以降、姿が確認されていないことが、警視庁への取材でわかりました。
遺体は死後数か月たっているということで、警視庁は、上田さんは姿が確認されなくなったことしの1月に事件に巻き込まれた疑いがあると見て、調べを進めています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170410/k10010942631000.html