家でゴロゴロする70代の父に終活を求める30代女性に批判が殺到 

「70代の父が家でゴロゴロして困る」30代女性の相談に反論続々 「このゴロゴロのために毎日どんな苦労してきたか」

父親は70歳まで仕事をしており、退職直後にはジムで汗を流したり、家では料理を振舞ってくれたりした。しかし最近では家でゴロゴロするだけになり、女性は「何もすることがなくていいね」と思い、イライラしてしまうという。女性はそんな父親に対して、


「『尊敬できる父だった』と思えるよう、『終活』を始めるなど、これからの人生をしっかりと生きて全うしてもらいたいものです」

という要求を心に抱き、相談を結んだ。

この相談は8日、とあるツイッターユーザーが新聞の画像とともにツイート。約8000件のリツイートがされて話題になった。ネットでは、「何様だよ」など相談者である30代の娘への非難が殺到した。


「終活を始めるなど、ってさらっと書いてるけど、終活て何か分かってんのかな?残酷な娘さんやと思う」
「一生懸命働いてたのに今ちょこっとゴロゴロしてるだけで死ぬ準備しろって言われるなんて」

家族のため働いてきた父親がゴロゴロするのは不快に感じ、「終活」を求めるとは、いささかむごい。

「どう生きたかを聞けば、お父さんは急にシャキッとするかもしれません」

ほかにも、「このゴロゴロのために、70まで毎日毎日どんな苦労してきたか分かってない」「人間、死ぬまで何かに向かってひた走ってるかのようにしていないと、いけないものなのかね?」など、娘から愚痴を言われる父親への同情の声が多く寄せられている。

http://news.livedoor.com/article/detail/12920766/