【黒電話ピンチ!】ビンラディン暗殺作戦の米特殊部隊支援船、沖縄に寄港=対北朝鮮で待機へ

米海軍特殊部隊の支援船「C・チャンピオン」(約2100トン、全長約67メートル)が那覇軍港(那覇市)に一時寄港していたことが12日、分かった

 
 米政権が対北朝鮮への軍事行動を辞さない姿勢を見せる中、米太平洋軍が管轄するエリアで
前線待機する海軍特殊部隊SEALS(シールズ)を支援したとみられる。

 「C・チャンピオン」は米軍の海上輸送軍に所属。主にSEALSなど海軍の特殊作戦部隊を支援する。
今月9日に那覇軍港に入港し、
10日午後に出港した。韓国から米 領グアムの基地に戻る途中、寄港した可能性もある。

 SEALSは2011年、国際テロ組織アルカイダ首領だった故ウサマ・ビンラディン容疑者を
パキスタンで急襲し、殺害したことで知られる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170412-00000004-jij-pol