東大阪市の近大原子炉 本日午後3時8分に臨界到達!!

近大の研究用原子炉運転再開 新規制基準下で全国初
4月12日 17時50分

東京電力福島第一原子力発電所の事故を踏まえた新しい規制基準への対応のため、
運転を停止していた近畿大学の研究用原子炉が12日、3年ぶりに運転を再開しました。
新しい規制基準のもとで、研究用の原子炉が運転を再開するのは全国で初めてです。

(中略)

12日は、制御室に8人の学生が集まり、このうちの1人がレバーを操作して
核分裂反応を抑える制御棒を炉心から引き抜くと、「14時46分、原子炉を起動」と宣言しました。
そして、およそ25分後の午後3時8分、核分裂が連続する臨界と呼ばれる状態に到達しました。
全国の研究用の原子炉はいずれも運転を停止していて、実際に運転を再開したのは近畿大学が初めてです

(後略)

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170412/k10010946241000.html