読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

軽自動車のレンタカー!?霞が関のキャリア官僚とのドライブデートで途中降車した女の嘆き

婚活女子が体験した、好きだった彼との最悪なデート

「すっごいタイプで好きだと思っていた彼だったのに…!もう散々です(泣)。」

悲痛な思いを語ってくれたのは、専門商社に勤める真理子、30歳だ。

現在婚活中だという彼女は、「そろそろ彼氏ができそうだ」と言っていたので、てっきり「ベストデート」の話が聞けるものだと思っていた。

しかし、彼女の口からは嘆きの言葉しか出てこない。

「デートがあまりに最悪過ぎて、車から降りて帰っちゃったんです。」

この取材をしていく中でも、デート途中で帰ってしまうというハプニング(?)は多々聞いたが、ドライブデートでの途中下車の話は初めてだ。

ウキウキの休日デートのはずが、迎えに来た車にがっかり!

その相手は、霞が関に勤めるキャリア官僚。第一印象は、体育会系で背が高く、朗らかで優しそうな人。非の打ちどころがなかった。

相手も真面目な雰囲気漂う真理子を気に入ったのか、毎週のようにデートに誘われた。その誘いは大抵、休日のランチデートだった。

「昼間のデートってハードル高いけど、好きな人なら問題ありません。相手も真剣に考えてくれているんだ…!!と舞い上がっていました。」

30歳婚活女子、彼との出会いにかなり賭けていたようだ。

官僚として忙しい彼が、ようやく1日休みが取れそうだということで、少し遠出をしようか、という話になった。

「彼は実家が世田谷にあるんです。だから、実家の車で迎えに行くねと言ってくれました。」

行き先は、横浜の八景島シーパラダイス。動物に癒されたい、という彼の願いからだった。

デート当日。その車を見て、彼女は目を疑った。それは、“わ”ナンバー(レンタカー)の軽自動車だったのだ。

「どうやら、両親との連絡がうまくいってなくて、車を借りれなかったみたいなんです。別にいいんですけど、よりによって軽自動車!?と戸惑いを隠しきれませんでした。今思うと、すごくケチな人だったんですよね。」

車を見た途端、気持ちがしぼんでいくのを感じたが、気を取り直して出発した。

目的地までナビをセットし、慣れない手つきで運転を始めたが、不安な予感は的中した。シーパラダイスに向かう途中で、道に迷ってしまったのだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20161225-10005050-tokyocal-ent