「あっ、まずビールと餃子とラーメン!ビールと餃子は先に持って来てねラーメンはなりでいいから。」

ラーメン店「麺'sら.ぱしゃ」(本店鹿屋市)は、同市のかのや深蒸し茶をスープに使用した
「ら.ぱ茶麺」の販売を始めた。茶の風味を生かしたさっぱりとした味わいが特長。県内の4店舗などで提供している。
 茶は岩元園(同市野里町)の茶畑産。摘みたての一番茶を蒸して粉末にし、かつお節やサバ節などでだしを
取った特製スープと合わせた。茶の香りや味わいを生かしつつ、特有の渋み、苦みは残さないように仕上げた。
 販売は5月末までの予定。

http://373news.com/_news/?storyid=83498