首のないハトの死骸が見つかる…首は刃物を使わずに引きちぎられていたという

12日、埼玉県東松山市の住宅街で首を引きちぎられたハトの死骸が見つかった。

警察によると、12日昼前、東松山市松風台で、「家の前に首のない死んだハトが置かれている」と近所の住民から交番に届け出があった。
ハトの死骸は1羽で、首は刃物を使わず引きちぎられていたという。現場に血痕はなかった。

また先月末、この現場から600メートルほど離れた住宅の鳥小屋で、インコやウズラなど23羽の鳥とウサギ1羽が首の骨を折られるなどして死んでいた。
警察は器物損壊事件として2つの関連性を調べている。

http://www.news24.jp/articles/2017/04/13/07358896.html