【アホの朝日新聞】不正確な情報を垂れ流し批判されると開き直る こんな企業は社会から退場させるべき

東芝の経営 信頼を取り戻せるか


 自らまとめた決算について、専門家の了承を得る。その上で情報を公開し、投資家や取引先の判断材料にしてもらう。
それが上場企業に課せられた基本的なルールだ。

 ところが、原発事業で巨額の損失を抱えた東芝が、監査法人のお墨付きを得ないまま、16年4~12月期決算の公表に
踏み切った。
損失の調査や処理をめぐって監査法人と意見が食い違う中、すでに公表を2度延期していたため、見切り発車した。

 東芝は「これ以上、株主らに迷惑をかけられない」と説明するが、正確さが保証されない業績を上場企業が発信するのは
異例だ。
投資家らに不安を与え、株式市場の土台を揺るがしかねない。

東芝側は「調査を続けても、適正との意見をもらえるめどはたたない」とも話し、監査法人への不信感すら漂わせる。

だが、15年に不正会計が発覚しただけに、監査が厳しくなることは予想できたはずだ。時間が限られる中でも決算の
とりまとめに支障が出ないよう、監査法人の納得を得ながら作業できなかったのか。

今回の失態が加わったことで、上場を維持できるかどうか、ますます予断を許さなくなった。

http://www.asahi.com/paper/editorial.html