【警視庁】大人だと思って公開した女性が中学2年生だったw

警視庁滝野川署は12日、特殊詐欺でだまし取られたキャッシュカードで現金を
引き出した窃盗事件の容疑者として防犯カメラの画像を公開したところ、
東京都内の中学2年の女子生徒(14)=事件当時13歳=が「私です」と
出頭したと発表した。警視庁はホームページなどに掲載していた画像を削除した。
画像を公開したことについて同署は「20代と考えていた」と説明している。

 同署は同日、2月17日午後1時ごろ、東京都北区のコンビニの
現金自動受払機(ATM)で、同区に住む70歳代の女性名義の
キャッシュカード2枚を不正に使って84万円を引き出した疑いが
あるとして画像を公開。「20代くらい」「茶色のロングヘア」などと特徴を説明し、情報提供を求めていた。

 同署によると、画像を見た友人から女子生徒に連絡があり、
母親と12日午後7時半ごろ、都内の警察署に出頭したという。
同署は参考人として女子生徒から事情を聴き、事実確認した上で、
児童相談所へ通告することなどを検討している。

 未成年者による事件について、少年法は本人と推定できる
記事や写真の掲載を禁じている。2015年には千葉県警が、
特殊詐欺の現金の受け取り役を務めたとして、タクシーのドライブレコーダー
映っていた18歳の少年の動画を公開して捜査していた例がある。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170413-00000005-mai-soci