読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こんにちは 試験艦「あすか」です 新型装備の試験運用ができます よろしく

本格運用される前の新型の魚雷などを試験的に運用する海上自衛隊の船が八戸港に寄港し、15日から船内の一般公開が行われています。
神奈川県の海上自衛隊横須賀基地に所属する試験艦「あすか」は、全長およそ150メートルで、魚雷や海中にある障害物や潜水艦を探索するソナーなどの新型の装備を搭載し、本格運用に
向けた試験を行うことができます。
14日、燃料や食糧の補給のため八戸港に寄港し、15日から船内の一般公開が行われています。
15日は午前中から大勢の家族連れなどが訪れ、隊員から説明を受けながら、船に設置された双眼鏡をのぞき込んで遠くの景色を眺めたり、かじに触れたりして、乗組員の気分を味わってい
ました。
八戸市に住む60代の男性は、「船に関心があるので見学に来たが実際に乗ってみてとてもすばらしいと感じた。勉強になることがたくさんありました」と話していました。
「あすか」の一般公開は、16日も八戸港で行われます
http://www3.nhk.or.jp/lnews/aomori/6085560481.html