読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東大40歳のピッチャー 慶大→日本医大→麻酔科医→東大文三の異色の経歴

東京六大学野球
異色の東大40歳右腕が神宮で登板

フレッシュリーグの慶大戦で先発した東大・伊藤=神宮球場で2017年4月15日午前8時20分、倉沢仁志撮影

 異色の経歴を持つ不惑の右腕が大学野球の聖地・神宮球場のマウンドに登った。
医師経験のある東大の40歳・伊藤一志投手(3年)が15日、行われた東京六大学野球の新人戦「フレッシュリーグ」の慶大戦に先発し、
1回を投げて4失点(自責点は1)。憧れの舞台でほろ苦いデビューとなった伊藤は「結果を出せなかったのは力の無さ」と話した。

 2015年春に東大野球部入りしてから本格的に野球に取り組んだ伊藤は身長171センチ、体重73キロ。
ナックルボールを得意とし、この日は90~100キロ台の球を駆使した。36球を投げて1イニングで降板した。

 伊藤は愛知・東海高2年だった1993年秋季リーグで東大が法大戦で40年ぶりに勝ち点を挙げたニュースを見て東大への憧れを抱いた。
だが、1年間、浪人して慶大へ。卒業後は日本医大に進み医師になっても、思いは断ち切れないままだった。
麻酔科医として病院勤務をしながら受験勉強を続け、12年春に東大文科3類に合格。休学を経て38歳の時に入部した苦労人だ。

 トーナメント戦だった新人戦が今春から出場機会を増やす目的でリーグ戦に変わり、得られた登板機会。
1年生の入部が未定の東大に限り3、4年生の出場が認められており、ひたむきに練習に取り組む姿勢が浜田一志監督(52)に評価されての先発だった。
伊藤は「もっと練習して今度はリーグ戦の舞台に立ちたい」と決意を新たにした。【倉沢仁志】

https://mainichi.jp/articles/20170415/k00/00e/050/227000c