過剰なまでにゴミを分別するとプラや紙が少なく焼却炉の熱が出なくて燃えにくくなる

人類の文明発展に伴って生じる問題というものがある。その1つに「ゴミ問題」が挙げられるだろう。
日本でも大量生産、大量消費の時代には大量に発生するゴミが
社会問題となったが、近年はリサイクルに関する概念が浸透し、
過去のような深刻な問題ではなくなりつつある。
日本では江戸時代の頃からゴミが回収され、再利用するリサイクル社会が
構築されていたという。江戸の町では紙くずや金物くず、生ゴミから落ち葉まで
あらゆるゴミが拾い集められ、分別され、それぞれの専門業者がお金を払って
引き取るというシステムがあったという。また、モノを大切に使う風紀が
存在しており、モノを修理する専門の職人まで存在していたようだ。

http://news.searchina.net/id/1632868?page=1