国立研究所「スパコン丸ごと水に沈めて2年持つか実験する、これが成功すればお手軽水冷の完成だ」

スパコン基板丸ごと水没、安価な冷却技術実証へ

コンピューターの頭脳である中央演算処理装置(CPU)などの基板を丸ごと水に2年間沈め、
正常に作動するかを確かめる実験を、国立情報学研究所(東京)が始めた。

CPUと水を樹脂で遮断し、大量に発熱するスーパーコンピューター(スパコン)を安上がりに冷やす、
革新的な技術の実証が目的という。

数万個のCPUをつなぐスパコンは、計算の際に大量に発熱し、故障の原因になる。現在はファンや
空調を使って空気で冷やす「空冷式」が主流だが、冷やすための電力が、計算に使う電力の3~4割に
上るのが難点。このためフッ素化合物を含む液体や油などにCPUを漬けて熱を除く「液冷式」の研究も
進んでいる。

国立情報学研究所の鯉渕道紘こいぶちみちひろ准教授らは、CPUなどを載せた基板や配線を樹脂で
コーティングした上で水に浸す技術を開発した。過去の実験では水道水で約3か月間、さびたり、ショート
したりすることなく機能したという。

樹脂でコーティングされた基板は漏電もせず、金魚も泳げる
http://www.yomiuri.co.jp/photo/20170415/20170415-OYT1I50032-L.jpg
http://www.yomiuri.co.jp/science/20170415-OYT1T50072.html?from=tw