香山リカ立教大教授「私の耳にどこかから「スリラー」のゾンビの高笑いが聴こえてきて思わず身を固くした」

軍学共同ゾンビ〟の復活を許してはならない
日本学術会議新声明の意義と課題―大西隆日本学術会議会長を批判する
香山リカ

「スリラー」とゾンビの高笑い
 マイケル・ジャクソンの名曲『スリラー』のミュージックビデオを覚えているだろうか。
 墓から復活してきたゾンビたちがダンスを踊り出し、デート中の女性を恐怖に陥れる。
近くの空き家に逃げ込んだ女性の肩をつかんだのは、ゾンビではなくて恋人のマイケル・
ジャクソン。しかし、ほっとしてすがりつく彼女を抱きかかえたマイケルがこちらを振り向くと、
その目がキラリと光り、彼もゾンビであることがわかる。どこからともなく聴こえる、
「アーハッハッ」という高笑い……。

 4月14日、日本学術会議の総会(4月13日~15日)の傍聴席にいた私は、所用のため「軍事的
安全保障技術研究に関する声明」の報告が始まったところで議場を離れなければならなかった。
ただ、声明は3月の同会議の幹事会ですでに採択されているので、覆されることは事実上、
不可能だ。
 それでも心配になり、総会が終わった頃合いを見て、傍聴を続けていた「武器輸出反対
ネットワーク」の杉原浩司氏に外から電話をかけた。

 その話によると、まず報告を行った同会議の「安全保障と学術に関する検討委員会」
(以下「検討委員会」)の杉田敦委員長(法政大学教授、政治学)は、委員会での審議の経過を
述べ、声明について解説し、「結論として、防衛省の安全保障技術研究推進制度を受け入れよ
と言えるものではない」と明言したという。その後の意見交換でも、批判がひとりから、
ほかは評価する意見が6人から出て、危惧された紛糾などもなく、そのパートは終わったのだ
そうだ。
 それを聞いて、私はほっと胸をなで下ろした。
 しかし、私の耳にどこかからあの『スリラー』のラストの〝ゾンビの高笑い〟が聴こえてきて、
スマホを握ったまま思わず身を固くしてしまったのである。(略)
http://webronza.asahi.com/business/articles/2017041700003.html