転落の始まりは10万円 銀行カードローンで狂った人生

 転落のきっかけは、ネット銀行に10万円の借り入れを申し込んだことだった。

 東京都内の元会社員の男性(57)は2013年秋、母親のがん治療費などですでに複数の消費者金融などから計100万円超の借金があった。返済がきつくなり、ネット銀のカードローンを頼った。ネットで申し込むと、審査は驚くほど簡単に通った。収入証明書も不要だった。

 融資枠はキャンペーンなどの誘い文句で増え、借入額は半年で200万円超に。他の銀行カードローンでも借り入れを重ねた。

 手取りは20万円余りだったが、毎月の返済額は十数万円を超え、行き詰まって今年1月、自己破産を申請した。「最初に借りたときはありがたいと思った。でも抜け出すのは難しかった。本当にバカでした」と男性は話す。

 債務整理にあたった森川清弁護士は「社会福祉協議会の資金貸付制度などを使えば、破産せずに済んだ可能性がある」と言う。公的支援を知る前に、街にあふれるカードローンの宣伝に触れ、「安易に借りて後戻りできなくなる人が増えている」とみる。

http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20170418005167_comm.jpg
「収入証明書不要」「即日融資」といった宣伝文句が並ぶ銀行カードローンのチラシ
http://www.asahi.com/articles/ASK4F7DKDK4FULFA02R.html?iref=sp_new_news_list_n