読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かっこいい!「全部使ってあの世に」日本電産会長、億単位の寄付次々

大学の街・京都で、モーター大手・日本電産京都市南区)の創業者、永守重信会長(72)による寄付金の行方に注目が集まっている。
数十億円単位の私財を大学に次々と投じ、資金難にあえぐ大学を支援している。

「税金はどう使われるか分からんが、寄付なら使い道がはっきりする。全部使ってあの世に行くということや。教育が一番良い」

3月30日、京都学園大右京区)で開いた記者会見後、永守氏が報道陣に語った。2020年に工学部新設を目指す同大学を支援するため、
100億円以上を私財でまかなう構想を発表したのだ。

学部定員200人。半数ほどは留学生を想定する。大学院は100人。実践的な研究・開発力や英語力を備えた人材を育てる。
経営大学院設置も視野に入れる。来春には自身が大学の理事長に就任し、大学名も変えるという。永守氏は「大学を作るのが夢だった。
他国と比べて日本の大学は即戦力を出せていない。企業や社会が求める人材を育てる。金も口も出すよ」。

今月7日には日本電産が京都大(左京区)に次世代モーターを研究する寄付講座の開講を発表。永守氏は京大の山極寿一総長と握手を交わし、
今後5年間で2億1千万円を寄付すると約束した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170420-00000052-asahi-soci

京都学園大で開いた記者会見で教育への思いを語る永守重信氏=京都市右京区
https://amd.c.yimg.jp/amd/20170420-00000052-asahi-000-6-view.jpg