読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネパールを旅行中の大阪府堺市の近畿大生・南埜佐代子さん(当時29)が、ヒマラヤ・アンナプルナ登山口の町、ポカラにあるホテルに、衣類などの入ったザックを残したまま行方不明になった。

 佐代子さんは世界旅行中で、東南アジアから中国、ソ連、中近東、
アフリカ、インドを経て、今年3月末にネパール入りしていた。
ほぼ週に1度は家族に手紙を送ってきたが、4月3日にカトマンズから
「4週間くらいの予定でヒマラヤ・アンナプルナ方面へ山歩きに行く」
という内容の手紙を出したのを最後に消息を絶っていた。
 失踪後の8月中旬ごろ、佐代子さんの自宅に佐代子さんと思われる女性から電話が入った。
電話にはまず妹が出て、すぐに母親に代わった。
佐代子さんは「ああ、苦しい。……悔しい……」などと泣きながら訴え
母親が「どうしたの」「どこにいるの」などと問いかけたが、
ただ泣きじゃくるばかりで、しばらくして電話が切れてしまった。