読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「震災が起こったのが東北でよかった」 

 日本は大震災時代の真っただ中にいる。平成期に起き、気象庁が命名した大地震は14回。
これほどの地震活性期は有史以来数えるほどしかない。しかも、活性期は首都直下地震
南海トラフ地震の発生を待たないと終わりを見ない。

 それでも、この国は災害に強い国に生まれ変わろうとしない。お上の防災対策は不十分で、
国民の危機意識も高まらない。

 それは震災があっても、中央が国の危機と受け止めていないからだ。阪神大震災で神戸が火の海になっても。
東日本大震災で1万8500人が犠牲になっても。中央にとって結局「人ごと」で、復興相の言う通り
「あっちの方」の出来事でしかない。この国は東京が痛い目に遭わないと目を覚まさない。

 今回の失言を政治家個人の責任で終わらせてはならない。被災地以外の国民の本音を映し出している。

 東京の人に聞きたい。

 あなたも「東北で良かった」と思っていませんか。

http://www.sankei.com/affairs/news/170426/afr1704260032-n2.html