読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホスト狂いの24歳の婦警、職場の積立金150万円を着服し月に十数回新宿のホストクラブへ 神奈川県警

神奈川県警の24歳の女性警察官が職場の積立金150万円余りを着服していたとして、停職の懲戒処分を受けました。
内部調査に対し、女性警察官は「ホストクラブに行くために着服を繰り返していた」と事実関係を認め、28日、みずから退職しました。

懲戒処分を受けたのは、横浜市南区の南警察署生活安全課に勤務する24歳の女性巡査で、
去年からことしにかけて所属する課で集められていた積立金およそ150万円を着服していたということです。
積立金は同僚どうしの私的な旅行などのために、15人の給料から毎月引き落とされていて、巡査が会計を担当していたということです。

ことし2月に積立金が不正に引き出されているのが見つかり、内部で調査したところ、巡査は着服を認めたうえで、
「東京・新宿のホストクラブに行くために着服を繰り返していた。多いときは月に10数回行き、1回に10万円使っていた」と説明したということです。

巡査は停職3か月の懲戒処分を受け、28日、みずから退職したということです。
神奈川県警察本部の新田泰弘監察官室長は、「このような事案が起きたことは誠に遺憾で厳正に処分しました」とコメントしています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170428/k10010965131000.html